Top2007年06月07日 »

最新記事【2007年05月08日】

四谷大塚の予習シリーズは、小4?6年が対象。中学受験用テキストの定番として有名。提携塾・準拠塾でも使用しているが、誰でも購入することができる。

予習シリーズには、(上)(下)がある。

四谷大塚は、もともとは家庭学習を前提にして、日曜日にテストをするといった学習スタイルであった。予習シリーズは自宅でで予習するための教材として作られた。そのため、解説が詳しいと評判である。

YTネットの提携塾でも使われるており、早稲田アカデミーのように、オリジナルテキストも併用する塾などもある。

現役高校生向けの受験塾「東進ハイスクール」を全国展開するナガセ(ジャスダック上場、本社・東京)は18日、小学生向けの中学受験塾の四谷大塚(本社・東京)と四谷大塚出版(同)の全株式を取得し、買収することで基本合意した、と発表した。

四谷大塚の鈴木靖夫社長らが保有する全株式を取得する。

9月7日に譲渡契約を結ぶが、取得金額は未定だとしている。中学受験指導で著名な四谷大塚を傘下に収め、グループの総合力を高めるのが狙い。

経営統合後も四谷大塚の名前は存続させる方針。

今年に入って、財務アドバイザーの三菱UFJ証券を通じて、四谷大塚側に株式取得を打診、交渉を続けていた。

四谷大塚はどんな塾?

??????????????????????? ?????????????????????????????????????????????????????????????????????? ????????????????????????????????????????????????? ???????????????????????????????????????????????????????? ???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????? ????????????????????????????????????????